スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
再び万年筆の時代を望みたい
今やパソコン全盛時代、デスクトップパソコンからノートパソコンそしてタブレットにアイホーンと、進化し続けている昨今の世の中で、決して失われてはいけない事は、その元になる事があって、現在があるという事だと思います。
初期のペン字書きから万年筆書きと進化して、文字を書くことそのものが生活であり文化でもあったように思います。
万年筆が全盛の時代に培われました、文章を書きとめるという基本があったからこそ、ワープロ時代を築き上げたと言えると思います。
そしてそのワープロから、パソコンのワードへと進化して現在がある訳ですから、万年筆というものは、文字文化のすべての基礎を作り上げた本家本元だという風に、私は解釈しております。
2016年 春財布を購入するならコレで決まり!
author:news008, category:日記, 19:58
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:58
-, -, - -